スタッフ

ほんじょうさおり

鍼灸師・あんまマッサージ師・バザルト®ストーンセラピスト

お灸と薬膳大好き!からだを根本的に整える治療やアドバイスが得意です

プライベートでは2歳娘の母。2020年12月出産予定。
SURFACEの音楽が大好き!スパイスカレー、オリジナル漢方ティーづくりにハマっています

はじめまして
鍼灸マッサージサロン心晴の院長 本荘紗央里(ほんじょうさおり)です

 

ぷち不調のかたまりだった私と東洋医学の出会い

 

私自身20代のころは常に横になっていたいほどだるい、生理痛は辛く鎮痛剤を飲むのは当たり前。生理前の顎ニキビはなかなか治らない、ぎっくり腰2回、急性腎盂腎炎、、と体調が散々でした。
今よりも10キロ以上太っていて、「このままじゃ将来妊娠できないかもよ」と言われすごくショックだったこともあります。

60分2980円の整体に通ってもからだはなかなか楽にならないし、病院に行っても別に病気などではなく、健康オタクになっていろいろ「健康にいい」と言われるものを試してみてもなかなか改善せず
この辛さとこの先ずっとつきあっていかなきゃいけないのかななんて思っていたときにお灸と薬膳(漢方)、東洋医学の考え方に出会ったのです

東洋医学は症状1つ1つをみるのでなく、おからだ全体のバランスを整えて各症状も軽くなっていくという考え方です。私は不調がたくさんあったのですが、専門学校でのお灸練習も兼ねて自分の足にお灸をする習慣ができたところまず3ヵ月で生理時に鎮痛剤を使わずに過ごせるようになりました!

卒業後結婚し妊活を考えたときに、昔言われた「このままじゃ妊娠できないかも」という言葉がひっかかり、自炊もしているし薬膳料理の勉強を始めました。そこで自分が普段口にしている食材にはどれもからだを温めたり、冷やしたりする性質があることを知りました。私が好んで食べていた食材は自分の身体を痛めつけていたものだったんです、、

お灸と薬膳、いわゆる「養生(ようじょう)」という考え方を知り、実践してからは妊娠し子どもが産まれてもほとんどからだを壊すことなく快適に過ごせています。

でもこういう考え方って昔の私のようにみんな知らないんですよね、、。ちょこちょこ不調はあるけど薬飲んだり、ちょっと我慢すれば動けるから放置。
でもね そのちょこちょこ不調の積み重ねがたまりにたまって病気になっていくんです。

子育て世代の女性の心とからだを軽くしたい

私は女性、特に私と同じ子育て世代の女性にもっと楽に過ごしてほしいなって思っています。
それは心もからだも
お母さんが笑顔だと子どもにもいい影響がありますよね!

だから不調を抱えた女性を施術を通して心晴れやかにしたいと思い自宅を建築するタイミングで開業しました。

一生付き合っていく自分のからだを大切にしていってほしいと思いブログやSNSでも発信していきますのでよろしくお願いします。