ママ鍼灸師のキャリアについて思うこと

最近ママ鍼灸師さんと勉強会などでお話する機会が増えました

こんにちは
さいたま市西区・西大宮・指扇
冷え、むくみ、頭痛 女性ホルモンのバランスによる不調のケア、妊活応援サロン
鍼灸マッサージサロン心晴の本荘紗央里です

私もママ鍼灸師ですが、結構聞くのが子育て中で鍼灸の現場に復帰できないという声
鍼灸師に限らず女性が産後に職場に復帰するのはハードルがあると思いますが鍼灸、マッサージといった施術業はデスクワークの方とはまた違った難しさがあります

まず職場ですが、①接骨院②鍼灸サロン③訪問などがあります

①接骨院は院によりますが営業時間が9:00~21:00、週6というところが多いです
患者さんも多いので施術の数も多いので体力が必要
パート可能なところもありますが、県の最低時給に届くかどうかというところ

②鍼灸サロンはこれもサロンによりますが12:00~22:00といった夜遅い仕事
時短パート可能なところも少ないですし、これまた最低時給です

③訪問は正社員だと9:00~18:00、歩合で働ける時間だけ働いて働いた分だけ賃金を得るということも
できます
ただ保険を使っての施術なのでお医者様の同意書が必要なのに書いてもらえなかったり、訪問先の方がふらふらといなくて施術には入れずお金も出ない、、
といったことも

①②③いずれにせよ体力は必要な仕事だし、患者様、お客様がいるので子どもの体調不良などで急な休みは取りづらい
復帰できても稼ぎにはなかなかならないのでだったら数年育児に専念するか、、という考えなのだと思います
実際私も妊娠中はそう思っていました

私はその後ご縁やタイミングもあって自宅開業という道を選びましたがこれが最善の道かどうかはわかりません
雇われ鍼灸師とは違った大変さが当然ありますし
でもお客様が施術で喜んでくれて、悩みを解決していく姿を見ると嬉しいっていうのは雇われだったころも今も変わりません

キャリアで悩まれている方は自分にとって何が一番価値があるのか(お金?施術したい?育児に専念?など)を考えてみるといいかもしれないですね
どれが正解とかないですし、道は1つじゃないですから(*^-^*)

 

 

関連記事

  1. むくんでいるのに頑張ってお水を飲んでいませんか?